2019年06月03日

R1Z1N.16

 
フジテレビで『RIZIN.16』を見たよ!

ISKA世界フェザー級タイトルマッチ
「マーティン・ブランコ×那須川天心」、

キックボクシングのタイトルマッチ。

試合中に
CMになっちゃって
ダウンシーンが放送されない
謎中継。


生中継の意味が無イヨ…。



r1z1n10_180508.jpg

那須川天心への関心がシュルシュル〜ッとしぼむ謎心理。


結局、
フジテレビは格闘技をバカにしてる
っちゅうか
舐めてるんだと思う。




高田延彦さんが
実況席にいなくて(向正面)
スゴく良かった。

落ち着いた放送。
 
 
posted by gahaku at 06:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 格闘技
この記事へのコメント
上から目線は感じますな。確かに。しかも、ボクシングや他のスポーツに比べて何枚も下に見てる。その上で番組を作ってるので、本当の熱狂からは程遠い。

失礼しました。お元気ですか?
Posted by 赤パン at 2019年06月03日 07:59
またか…みたいな。

ホントは
フジテレビ以外の
CSとか
スマートフォンとかそーゆーので見られる
何か別のメディアを見て欲しい作戦なのかしら?



フジメグ解説員の
自分トコの選手の試合を
「この試合が日本で見られるなんてスゴいんだ」的な
アピールが何だか気持ち悪く感じちゃいました。


えへへ。
体調はまぁまぁ(足首捻挫→腰痛ぐらい)ですが
気分はあんまし良く無いデス。

自分が悪いんスけどね。
Posted by 中川画伯 at 2019年06月04日 10:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186087412

この記事へのトラックバック