2018年05月10日

谷ブンチョウ 2018

 
お父さんが突然
茶の間に飼育箱を置いていきました。


buncho1805101.jpg

文鳥!
2羽。

母性本能コッチョコチョ。


buncho1805103.jpg

アルビノだー。

アルビノの文鳥、初めてだワ。

自分が
飼ったことアルビノ(飼ったことがあるアルビノ)は
ドジョウとかメダカとか
ツメガエルしか無いよ。


buncho1805102.jpg

お父さんは
息子の母性本能を利用する
托卵システム(?)を狙っているのでしょうが

自分はパート人間なので
そんなに見られなイヨ。



buncho1805104.jpg

可愛いねぇ…。

あんまし世話が出来なさそうなので
あんまし愛情が湧かないようにしています。


ガンガン ズンズン グイグイ育ってネ。
 
posted by gahaku at 21:41| Comment(5) | TrackBack(0) | 生き物
この記事へのコメント
おぉ〜〜〜!
文鳥じゃないですか!
私、ずっと文鳥飼いでした。
小さい頃から、おとなになっても。
それにしても、ずいぶん小さい子たちですね。
どちらかのお宅で生まれた子ですか?
Posted by みずほちん。 at 2018年05月11日 23:54
あ、ちなみに、アルビノというよりは、この子たちシナモン文鳥なのではないでしょうか?
シナモンたちは、目の赤い子が多いので。。
Posted by みずほちん。 at 2018年05月11日 23:58
お父さんのお友達ん家で
7羽生まれて
多いわ!っちゅうて親が巣から落としちゃうらしくて
じゃー!っちゅうて貰ってきたんですけど
あんまし情が湧かないよう距離を保っています。


シナモン?
ニッキ?(無知オジサン)
Posted by 中川画伯 at 2018年05月12日 04:09
おぉ〜、そうなんですね。
画伯、ぜひ情を湧かせて親代わりになってあげてください。

大昔は白と桜と並という色や柄が主流だったのですが、また種類が増えて、シナモン文鳥とかシルバー文鳥が出ました。
どちらも毛色からついている名前と思われます。
シナモンは、画伯が仰せの通りニッキ色なので、茶色になるんです。
シルバーは銀、、というかグレーって感じ。
で、なんでかわからないですが、シナモン文鳥は、黒い目のこと赤い目の子が出てくるみたいです。
Posted by みずほちん。 at 2018年05月12日 11:11
あ〜、ハムスターにそーゆー色で赤い目の種類いますネ。


自分は毎日見てあげられないので
今回は距離を置く作戦であります。
Posted by 中川画伯 at 2018年05月12日 11:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183201685

この記事へのトラックバック