2008年03月21日

中野ブロンディーズ

イラストレーターは
出来るだけ色々なモノを観て
出来るだけ色々なモノを感じて考えて
ソレを表現に活かさなきゃいけないんだ。

…でも、怠けてるの。
アイム、ダメ人間。


行ってきました!新宿。
全労済ホール/スペース・ゼロ。
『中野ブロンディーズ』って舞台を観たよ!



何にも知らないで観に行っちゃったら
若い女の子ちゃん達ばっかりの舞台で
みんなピカピカ光ってて
こんな小汚いオジサンが観に来てごめんなさい。
ほんとスミマセン…って感じでした。

前から5列目の超いい席で
もう恥ずかしくて恥ずかしくて
タマらんかったです。


長谷川桃さんが出てらっしゃるから観に行ったの。

凛々しかったよ。
ピカピカしててまぶしかったよ。



長谷川さん演じるキドサオリお嬢様は
大学でチアリーディング部のキャプテンをやってて
「現実逃避」してるオタクを嫌ってたんだけど

お祖母さんに頼まれて
オタクの人達の素人チアリーディングチームに
イチから全部教えてあげて
自分も一緒に大会に参加しちゃう
ムチャクチャ面倒見のいい超優しい人。


長谷川さんには色々な才能があるけど
やっぱり舞台の長谷川さんは最高だわ。
やっぱり演劇人だわ。


主演がテレビ東京『BOYSエステ』でお馴染み
杉本有美さんって子でした。

ガンダムオタクのギャル役の
黒木マリナさんって子が歌が上手かったです。

ご都合主義っちゅうか
漫画みたいなストーリーだったりもしたけど
女の子ちゃん達の友情パワーで胸が熱くなりました。

舞台と客席の間に壁をつくって
演者さんから客席が見えないようになってたら
いいのになぁ…って思いました。


恥ずかしかったけど、面白かったよ。
演劇は役者さん達のエネルギーが
直接ビンビン伝わってきて刺激的。
posted by gahaku at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18169034

この記事へのトラックバック