2012年08月19日

武道館ピーターパン

 
行ってきました!日本武道館。
『DDTプロレスリング』を観たよ。

「武道館ピーターパン 〜DDTの15周年、
  ドーンと見せます超豪華4時間SP!」。


ddt_1208181.jpg

武道館!

九段下の駅を降りて〜坂道を〜
人の流れ追い越して行けば〜♪
(『爆風スランプ』よりも劇団ひとりが歌ってるイメージ)

お客さんギッチリ。
モニター側はお客さんを入れて無かったけど
超満員。



前座で『マッスル』をやったのです。
お帰りなさい、坂井さん。

ddt_1208182.jpg

マッスル坂井は体つくってきたって!

全然、体型が変わってませんでした。

試合後、鶴見亜門が
「『マッスル』単独で武道館やらなくて良かったな。」
って言っててガッカリ…。

ハッピーな気分だったのに
何か冷や水ブッカけられたような気持ち。

いつもいつも追い込み過ぎなんだよ。
肩の力を抜いて楽しい感じでやるぐらいで
丁度いいのに…。

鶴見亜門のせいで
じゃー本隊は『マッスル』より面白いんだろうな?
ってハードルが上がっちゃったので
休憩前までは
あんまし面白く感じませんでした。



サンプラザ中野くんさんが歌ってました。

高橋陽一先生がゲストでした。

自分が小学生の頃の
『週刊少年ジャンプ』お正月合併号の表紙の写真から
ほとんど変わってませんでした。

何で漫画家の先生は若いのか?

ゆでたまご先生も
荒木飛呂彦先生も
みんな不老不死なんじゃないのかしら?


ddt_1208183.jpg

ゲストの人達が
馬鹿に良く見えました。

藤原喜明、愛川ゆず季、藤波辰爾、
エル・ジェネリコ、鈴木みのる
素晴らしかったです。

こんなに差があるのか?って
チョットSHOCK!でした。

でも
入江選手やニセマッスル坂井はスゴく良かったです。

ニセマッスルのパーフェクト・プレックスは
今、使う人があんましいないので
たぶん日本一だと思いました。




スペシャルハードコアマッチ
「真壁&HARASHIMA×石川&伊東」

真壁刀義が馬鹿に良く見えました。
コレが現実だ。

石川修司も良かったです。
真壁vs石川、普通の試合で観たかったです。

ddt_1208184.jpg

セミ、透明電流爆破マッチ
「男色ディーノ×透明人間」

ディーノは毎年、
ボブ・サップとか怪我してるHGとか
ハードな相手ばかりでスゴいなぁ…思います。

ディーノには
ほもいろナントカっちゅうセコンドがぞろぞろ付いてたので
ホーガン贔屓で透明人間を応援しちゃいました。

でも最後、喋ったら
何か偉そうな感じだったので
透明人間は嫌いになっちゃいました。


ddt_1208185.jpg

メイン「飯伏幸太×ケニー・オメガ」

2人とも超スゴかったです!
メインだけでも大満足。

ケニー・オメガは
渕っぽい腕攻めだったり
鶴田っぽい痙攣だったり
小橋っぽいターンバックルへのパワーボムだったり
全日本イズムを吸収しているようでした。


飯伏を「幸太〜!」って呼びたいんだけど
何か恥ずかしい複雑な乙女COCORO(オジサンだけど)

「幸太」っていい名前だネ!



『マッスル』が3:30PM開始で
メイン終了が、9:00PM頃。

約4時間半のロング興行。
観てるだけなのに
スゴく疲れちゃいました。

自分の太腿は
平均的な成人女性のウエストよりも太いぐらいなので
足をビッチリくっ付けて座ってたので
(それでもハミ出てて左右の方スミマセン。)

今(翌日)、太腿の内側が軽い筋肉痛であります。


でも、楽しかったです!

プロレス最高!!
プロレス好きなんですよ…大好き!
  
  
posted by gahaku at 18:53| Comment(2) | TrackBack(0) | プロレスリング